わかりやすい お金を借りる方法

総量規制の例外

 総量規制とは、年収の3分の1までの金額しか金融業者から融資受けられないという規制です。 この総量規制は、多重債務をなくすことを前提に制定されました。 総量規制は、主に消費者金融系、信販系、クレジット会社系などが対象に規制されていますので銀行などは対象外になります。 その為銀行から融資を受ける場合は総量規制の例外として年収の3分の1以上の借り入れを行う事が出来ます。 代表的であるのは住宅ローンなどでありますが、総量規制の例外とはいえ、年収によって借入金額も異なり、また審査も厳しいですので、簡単に融資を受けられるものではありません。 そして、総量規制が制定される前に融資を受けており、現在の借り入れ額が年収の3分の1以上である場合、利息を多く支払っている可能性があります。

 と言いますのも、利息制限法で定められている利率以上の借り入れ行っている場合があります。 その為、利息制限法の上限利率より高い利息で借り入れ受けている場合は、多く支払いすぎた利息に対して過払い金請求をする事が出来ます。 過払い金請求をする事により、支払いすぎた利息が返還され、それを元金返済に充てる事も出来ます。 完済している場合は、過去10年間さかのぼって返還請求を出す事も出来ますので、完済済みであっても過払い金請求を行う事が出来るのです。


関連サイト

モビット即日融資!Web完結申し込み審査の流れ【在籍確認なし?】
モビットはWEBで完結する申し込みが便利ですね。
10秒結果表示が出るので審査落ちにならないように対策をしてから申し込みましょう。
www.cardloan-webkanketsu.com/