わかりやすい お金を借りる方法

教育ローンと財形教育融資

 財形教育融資とは財形制度のある企業に勤めていて、財形貯蓄を行っている労働者が利用できる公的な教育ローンです。 金利も他の教育ローンに比べ、比較的に低い公的ローンの一つでもありました。そして財形教育融資は、独立行政法人の廃止に伴い、平成23年9月30日をもって廃止となったのです。 これまでに、教育ローンと財形教育融資を受けていた債務者は、独立行政法人勤労者退職金共済機構で債権が引き継がれていますので、これまで同様各金融機関で返済を行うことが出来ます。 これから教育ローンと財形教育融資を検討していた方は、また別の教育ローンを検討する必要がありますが、国の公的教育ローンとしては、日本政策金融公庫が融資を行う教育一般貸付と呼ばれる国の教育ローンもあります。

 国の公的教育ローンですので、他の民間教育ローン会社と比較しましても金利が安いですが、融資額が民間会社よりも小さいと言えます。 また教育一般貸し付けを受ける場合は融資の対象となる学校に入学するか、在学している事が条件となりますので事前に確認が必要です。 資金使途としましては、教育ローンと財形教育融資と同じで子供の学校の入学の際の準備であったり、学費出会ったりと、教育費用として計上されます。